ちくびをピンクにするクリームはこれが一番

ちくびをピンクにするクリームをご紹介

ちくびをピンクにするクリームって本当にあるのか?
あるのだったら使ってみたいですよね。

 

乳首って黒くなったら、ピンクにはならないものだと思ってました。
でも、医療や化学は進歩しています。
なぜ、乳首が黒くなるのかも解明されています。

 

湘南美容外科クリニックが開発した、乳首を美白するクリームを見てみたくないですか?

 

ちょっと見てみたいって人は、公式サイトを覗いてみてください。

 

公式サイトはこちらです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://hospipure.com/

 

 

乳首が黒い原因はなに?

 

乳首がピンクではなく、黒くなってしまう原因はメラニン色素って知ってましたか?
人間の皮膚が黒くなるほとんどの原因はメラニン色素です。

 

メラニン色素と言うと、夏太陽に当たると黒くなる、あれです。
メラニン色素が太陽の当たらない乳首をなぜ黒くしてしまうのか?そこが不思議ですよね。

 

メラニンが増えてしまう原因って色々あって、その主な原因は5つなんです。

 

この5つのうちのどれかに当てはまると思います。

産まれつきに黒い人

世界には白人もいれば黒人もいますよね
この皮膚の色は遺伝子に組み込まれているわけです。

 

もちろん、日本人の中でも色の白い子もいれば色の黒い子もいます。

 

色の黒い子は、メラニン色素をたくさん作ることができます。
色の白い子はなかなかメラニン色素は作れない。

 

色が白い子が、みんな乳首ピンクかと言うとそうでもないです。
これ、温泉とか銭湯とか行くとわかりますよね。

 

白人はメラニン色素が作る能力が低い。
本当はメラニン色素は作れたほうがいいんです。

 

黒人と白人の皮膚ガンの確率を見れば一目瞭然。
メラニンは皮膚の奥真皮層を守るためにあるのです。
なにから?紫外線からです。

 

ただ、生まれつき色が黒いからと言って、乳首をピンクにできないとは言ってませんのであしからず。

 

紫外線の影響

乳首ピンク

メラニン色素は、紫外線から皮膚の奥真皮層を守るためにあります。

もし、メラニン色素が少ないと、大量の紫外線を浴びると皮膚の奥にある大切な細胞の遺伝子DNAが紫外線で傷つけられてしまいます。
するとどうなるか?

癌になります。
癌にならなくても、再生が難しくなって死んでします。
火傷より酷いことになってしまうのです。

だから、メラニンは必要なんですが・・・現在を生きる女の子にはできるだけお付き合いしたくないもの、ですよね。

 

だからと言って、普段服の中にある乳首に紫外線は当たらないじゃないかって思っている人も多いかな。

 

紫外線は、直接乳首に当たらなくても影響が出るんです。
実は、紫外線を目に受けるだけで、脳は紫外線がヤバイ!って思いうのです。
こんなの受ける前に作っておかないとって。

結果、メラニンは作られてしまいます。

 

摩擦が原因で乳首が黒い

 

意外かもしれませんが、メラニン色素って、太陽の紫外線だけが作り出すものではないのです。
もともメラニン色素が皮膚で作られる理由は様々な外的刺激から皮膚の奥真皮層を守るためなんです。

だから、乳首にメラニン色素を発生させる原因は摩擦による刺激が原因なんです。
下着などで摩擦されることにより、刺激を受けた皮膚が守ろうとしてメラニン色素を作り出すわけなんです。

 

紫外線があまり当たらない乳首に黒ずみができてしまうのは、摩擦の刺激が原因です。

実は、10代→20代と乳首の色を比べてみると意外に10代の方が黒かったりします。
これは、10代の女の子が動く機会が多いから。
少なくとも学校で体育の授業を受けないといけませんからね。

 

部活してたら動きまくりでしょ。

 

動けば動くほど下着で擦れて摩擦が発生しています。
いくらいいブラジャーつけても摩擦は発生しますよね。

その点20代女子は運動することが減ります。
毎日部活ってなくなりますからね。

だからだと思うのですが、20代の女性が一番乳首が薄い色になっているようです。

 

 

妊娠や出産(赤ちゃんのため)

女性にとって嬉しいことだと思いますが、妊娠すると乳首が黒くなります。
妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌に変化があります。
女性ホルモンとメラニンは関連性があると言われていて、妊娠すると黒くなるのは事実です。

妊娠により、女性のオッパイは男性の物から赤ちゃんの物になると言われています。

 

黒いほうが視力の発達していない赤ん坊に認識されやすく、
それとは逆に男性の性交の対象には成りにくくなると言うのです。

サルのオスは、メスザルのお尻が赤くなって欲情するそうです。
サルの仲間は赤に欲情してしまうものなのかもしれません。

 

妊娠した女性が性交の対象にならないように、黒くなるって説もあります。

とすると、やっぱり男性はピンクの乳首のほうが欲情するってことか・・・って思っちゃいますね。

 

加齢

歳を取るとどうしても乳首は黒くなっていきます。

これは、お肌にシミができるのに似ています。
シミもメラニン色素の多い部分です。

 

若いときはメラニン色素ができても新陳代謝して、知らないうちに下からできた新しい細胞に押し出されて剥がれていきます。

でも、歳を取ると新陳代謝が落ち込んで、どうしても黒くなってしまうのです。

 

 

乳首をピンクにするクリームランキング!

 
ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは、美容整形外科の最大手、湘南美容外科が本気で共同開発した商品です。
美容クリニックでの相談でバストの悩みって多いのです。
もちろん、バストの大きさに関しての悩みも多いのですが、色に関しての悩みも非常に多い。
そんな悩みを持っている女性でも本当にお肌のことを知っている人は少ないのです。
女性の肌を研究して、女性の肌にあった成分を開発したのがホスピピュアなんです。
ホスピピュア

価格 5,500円
評価 評価4
備考 定期購入価格!90日間返金保証
ホスピピュアの総評

ホスピピュアのお得情報

ホスピピュアは定期購入すれば90日間返金保証。
だから、定期購入がお得です。
通常9,000円のところ定期購入では5,500円となります。

ホスピピュアの主成分

トラネキサム酸
メマツヨイグサ・ヒメフロウエキス・ニーム葉・階層エキス
アーティチョーク葉エキス・すぎな・ホップ・マツ
レモン・ローズマリー
セイヨウナシ果汁エキス・シアバター・スクワラン

トラネキサム酸の効果説明

トラネキサム酸は人工のアミノ酸です。
乳首が黒くなってしまうのはメラニンの仕業。


シミそばかすやくすみ女性の敵はメラニンが原因なんです。
メラニンはメラニンを作る細胞、メラノサイトで作られます。


メラノサイトは刺激を受けると活性化して、メラニン色素を生産します。
一番は紫外線なのですが、摩擦やムレなどの刺激でも活性化します。
トラネキサム酸は、メラノサイトがメラニンを作ってしまう刺激因子の働きを抑制する作用があります。
人間の細胞の仕組みがわかってきたので開発できた成分といえますね。


その他の成分の働き

ホスピピュアはトラネキサム酸以外にも多くの成分を含んでいます。その成分は
1.メラニン色素を減らすアプローチ
2.肌のターンオーバーサイクルを整える
3.お肌の保湿をする


の3つの効果をもたらす成分です。
乳首のピンクにするためには、メラニンを少なくしないといけません。
でも、肌は常に新しく変わっていきます。
お肌の新陳代謝ターンオーバーがきっちりとしていれば、
メラニンを持った肌は日焼け後の肌がむけるようになくなっていきます。


だから、メラニンの生成を抑えて、新陳代謝ターンオーバーを促進し、
黒くメラニンを含んだお肌の表面をメラニンを含まない白いお肌に変えていくと、
乳首はピンクになっていくのです。

 
ホワイトラグジュアリーの特徴

ホワイトラグジュアリーは、今一番売れている美白クリームと言っても過言ではないと思います。
当社で行ったモニター参加者のうち、なんと94.8%が美白実感しているというすぐれもののクリームなのです。
贅沢にもプレミアムの名に恥じない3種類の有効成分が、得意の細胞層まで到達。
今までの美白クリームが到達できなかったメラノサイトが多い層まで浸透するんです。
だから効果が高いのですね。
【ホワイトラグジュアリープレミアム】

価格 5,980円
評価 評価3.5
備考 定期購入価格
ホワイトラグジュアリーの総評

ホワイトラグジュアリーのお得情報

ホワイトラグジュアリーをお使いの方は90%が定期購入をしています。定期購入だと9,980円が5,980円と4000円もお得!長期間かけて美白していくものですから、定期購入がお得ですね。


ホワイトラグジュアリーの主成分

生ビタミンC:アスコルビル酸Na
水溶性ビタミンC:リン酸アスコルビルMg
油溶性ビタミンC:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
<美白成分7種類配合>
ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、アロエベラエキス、コラーゲン、クロレラエキス、オタネニンジンエキス


ホワイトラグジュアリーの3種のビタミンン特徴

肌が黒くなる原因はメラニン色素が増えるから。
メラニン色素は紫外線などから肌の内部の真皮層を紫外線などの有害な光から守るためのものです。
でも、ストレスを受けると増えてしまいます。女性ホルモンの影響も受けるので厄介です。


ストレスや女性ホルモンの影響が出る理由は代謝のサイクルが悪くなるからです。


代謝のサイクルを整えて、メラニンが増えるのを抑制すれば、黒い部分は剥がれていくものです。


メラニンの生成や増加を抑え、代謝サイクルを促進すると、乳首はピンクになっていくわけですね。
ホワイトラグジュアリーは有効成分を奥まで届けます。
独自配合のスーパーVCTが基底層まで浸透するんです。


メラサイトと言われるメラニン色素を作る細胞は基底層に存在しています。
基底層まで有効成分が届かなければ意味がない。
ホワイトラグジュアリーは3周囲の異なる状態の成分を配合することで、
基底層まで到達できるようになり、効果が増大しています。

 
ピューレパールの特徴

ピューレパールは、ワキの黒ずみに重点を置いて作られている商品です。
ですが、ワキだけでなく女性のデリケートな部分、乳首やVラインなどの美白にも効果がある商品です。


3つの商品の中で唯一チューブではなくクリーム容器に入っています。
持ちやすさの点で少し評価が落ちますが、その分量的にはお得な気がします。
最後の最後まで使い切れますからね!
ピューレパール

価格 4,750円
評価 評価4
備考 定期コース価格
ピューレパールの総評

ピューレパールのお得情報

ピューレパールは定期購入で7,600円が4750円と3450円お得、60日間全額返金保証で安心です。


ピューレパールの主成分

<うるおい成分>
トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンE
<美白成分>
米ぬかエキス、プラセンタ、グリチルリチン酸2k、ビタミンC誘導体
<ニオイ抑制>
グリチルリチン酸2K、ビサボロール、天然ビタミンE


ピューレパール主成分の特徴

ピューレパールの特徴は、うるおい成分と美白成分とニオイ抑制成分の3種類を含んでいること。
もともとワキの黒ずみに主眼を置いているので、ニオイ抑制効果が付け加えられていると言えます。


ピューレパールの場合、うるおい成分にに力を入れているのも特徴の一つです。
乳首は普通の皮膚と違い、粘膜に近い細胞でできています。
そのため乾燥しやすくて、乾燥すると痒みが起きたりします。


ブラジャーや肌着の刺激も受けやすく、その刺激がメラニンの生成を増加させて黒くなってしまいます。
ピューレパールはうるおい成分を多く含んでいて、
新陳代謝を活性化して古い角質層を代謝していくことで、メラニンをためないようにして美白していきます。